<映画と教育>上映会&シンポジウム開催決定!

フォーラム こどもが映画をつくるとき みるとき2016

2016年2月6日(土)10:00~18:30

@川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

 

誰でもスマホで動画を作れるようになり、スマホで動画を見るようになった今、

「映像」に関する教育はますます重要性を増しています。

「こども映画教室」では全国各地で「一流の映画人とこどもたちが映画をつくる」試みを広げてきました。

話し合いを重ね、映画の完成に向けてチームが一つになっていくなかで、

こどもたちの表情は輝き、自信に満ちたものへと変わっていきます。

映画制作を通して、こどもたちの心の中にいったい何が起こっているのでしょう?

 

今回は映像に関する様々なワークショップの事例報告から、

体験を通してこどもたちがどんなことを学び、発見しているのか、どのような意義と可能性があるのか、

わたしたちも話し合いを重ね、探ってみたいと思います。

 

※参加人数把握のため、事前にお申込みくださいますようお願い申し上げます。(当日参加も可能です)

 

↑こちらの画像をクリックすると、チラシのpdfデータがダウンロードできます。

 <開催概要> 

 2016年2月6日(土)10:00~18:30

 会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川県川崎市 麻生区万福寺6−7−1)

 定員:195名 / 参加費:1,000円(資料代として)

 

 <登壇者&講演内容/タイムスケジュール>

 

 

 

 ・根岸吉太郎(映画監督・東北芸術工科大学学長)

 聞き手:土田環(日本映画大学映画学部映画学科准教授)

 「映画映像教育とは?」

 

 

 

 

 ・宮下十有(椙山女学園大学 文化情報学部メディア情報学科准教授)

 「映像機材を介したこどもとの教育コミュニケーションワークショップ」実例報告

 

 ・土肥悦子(こども映画教室代表)、各ワークショップ関係者

 映画制作ワークショップ実例報告

 

 ・上田謙太郎(映像作家/青山学院大学社会情報学部特別研究員)

 「シネロール」実例報告

 

 <パネルディスカッション①> 

 宮下十有 × 上田謙太郎 × 土肥悦子

 

 

 

 

 ・岡島尚志(フィルムセンター主幹/映画映像アーカイブ論)

 「こども映画教室シネクラブ@せたがや2015」鑑賞ワークショップ実例報告を中心に

 

 ・森下詩子(kinologue主宰)

 「映画(kino)で対話する(dialogue)

 WSプロジェクト・kino-logue(キノローグ)」実例報告

 

 <パネルディスカッション②> 

 根岸吉太郎 × 岡島尚志 × 森下詩子 × 土肥悦子   司会:土田環

 

 ※ゲスト・内容等は一部変更となる可能性がこざいます。

 

 

 <申込み方法>

 ページ上部「参加申し込みはこちら」からお申込み下さい。 

 ※当日参加も可能ですが、参加人数把握のため事前にお申込みいただけますと幸いです。

 ※Facebook等のSNSでは一切受付できませんのでご了承ください。

 

 主催:こども映画教室 共催:日本映画大学、川崎市アートセンター   

 協力:「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、全国映画教育協議会

 助成:子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)

 

 

 

 <お問い合わせ>

 こども映画教室 事務局:info.kodomoeiga@gmail.com

 

 <注意事項>

 ※個人情報は「こども映画教室」の活動のご案内にのみに使用し

 第三者への提供、その他の目的には使用しません。

 

【会場】

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

神奈川県川崎市 麻生区万福寺6−7−1(Tel. 044-955-0107)

第1部:こどもが映画をつくるとき 10:40〜14:40
オープニング・トーク 10:00〜10:30
第2部:こどもが映画をみるとき 14:50~18:30

こども映画教室

東京都世田谷区東玉川1-32-23

MAIL: info.kodomoeiga@gmail.com

© 2019 by こども映画教室