omote.jpg

こども映画教室@えびす2022

お話を考えるのも、撮影、編集するのも、ぜんぶ こども たち!

恵比寿の街で映画を作って上映する、映画制作ワークショップ

日時:2022年9月23日(金・祝)〜25日()の3日間

 

1日目 10:30~17:00 ガイダンス・ロケハン

               おはなしづくり・素材さがし・撮影

2日目 10:30~17:00   撮影

3日目 10:00~18:30   編集・上映会のチラシ&ポスターづくり・上映会

 

特別講師:横浜 聡子(よこはま さとこ)監督
会場:景丘の家(東京都渋谷区恵比寿4-5-15)
対象:小学生

定員:18名3日間通して参加可能な方を優先

参加費:16,500円(3日間通し・簡易版DVD・感想冊子含む)

応募締切:応募受付は終了しました

・締め切り前に定員に達した場合は抽選ですが、3日間参加可能な方を優先します。

・​抽選の場合は、8月24日以降に当落をお知らせします。

​・定員に達さない場合は、応募期間が過ぎても募集を続けます。(先着順)

主催:一般社団法人こども映画教室®︎

助成:子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興機構)

​協力:景丘の家

ura_ver3.jpg

詳細については、後日参加者にご連絡いたします。

ワークショップの参加は原則お子さまのみです。保護者の方は、会場までお子さまの送迎をお願いいたします。

上映会は行いますが、新型コロナウィルス感染予防のため人数制限がかかり、保護者の方の参加ができませんことをご了承ください。簡易版DVDに上映会の模様もおさめますので、そちらをご覧ください。

お申込み時にいただく個人情報は、「一般社団法人こども映画教室」の活動のご案内にのみ使用し、第三者への提供、その他の目的には使用しません。

特別講師
横浜聡子監督.jpg

横浜 聡子 監督

1978年、青森県出身。横浜市立大学国際文化学部を卒業後、1年ほど東京でOL生活を送るが、映画監督を志し退職。2002年、映画美学校に入学し、卒業制作の短編『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』(06)が大阪映像文化振興事業実行委員会主催のシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)オープンコンペ部門最優秀賞を受賞する。その助成作品として初の長編自主映画『ジャーマン+雨』(06)を監督し、日本監督協会新人賞を受賞した。09年の『ウルトラミラクルラブストーリー』でメジャーデビューを果たし、気鋭の女性監督として脚光を浴びる。短編映画『真夜中からとびうつれ』『おばあちゃん女の子』(ともに11)、『りんごのうかの少女』(13)を経て、戌井昭人の同名小説を長編映画化した『俳優 亀岡拓次』(16)のメガホンをとった。最新作は『いとみち』(21年)。「こども映画教室®️」では「こども映画教室@ひろさき2014」、「こども映画教室@はちのへ2015」に特別講師で参加している。